相手への賠償

人にケガをさせたり、他人の車やものを壊してしまったとき
相手への賠償 基本補償 対人賠償共済,対物賠償共済
特約(自動セット)
特約(オプション) ●対物超過修理費用特約

対人賠償

自動車事故により、歩行者や他のお車に乗車中の方など他人を死亡させたり、ケガをさせ、法律上の損害賠償責任を負ったときに、被害者1名ごとご契約金額を限度に対人賠償共済金をお支払いします。
(ただし、自賠責共済で支払われる部分を除きます。)

お支払いする共済金の額

損害賠償責任額+費用自賠責共済(保険)支払額(強制保険)
〈例〉
損害賠償責任額と費用の合計額が3億円、自賠責共済(保険)支払額が3,000万円の場合
3億円-3,000万円=共済金2億7,000万円
  • ※費用とは、次の費用をいいます。
  • ※損害の防止軽減のために必要または有益であった費用、他人に損害賠償請求ができる場合、権利の保全または行使に必要な手続きに要する費用、など共済約款で定める費用をいいます。

対人賠償 高額判決例

対人賠償 高額判決例

対物賠償

自動車事故により他人の財物(自動車・家屋・家財・商品等)を壊し、法律上の損害賠償責任を負う場合に、1事故につき、ご契約金額を限度に対物賠償共済金をお支払いします。

お支払いする共済金の額

損害賠償責任額+費用ご契約の免責金額「3・5・10・15・20万円」または「なし」
〈例〉
損害賠償責任額と費用の合計額が1,000万円、ご契約の免責金額が3万円の場合
1,000万円-3万円=共済金997万円
  • ※費用は、対人賠償共済でいう費用と同じです。

対物賠償 高額判決例

対物賠償 高額判決例

対物超過修理費用特約(オプション)

対物事故における相手車両の修理費がその車両の時価額を上回る場合で、修理費と時価額の差額をお客さまが負担する場合に補償する特約です。

  • ※「対物超過修理費×過失割合」または50万円のいずれか低い額が限度となります。
  • ※相手車両が6カ月以内に修理された場合にお支払いいたします。
共済金支払例

ご自身とご家族の補償

事故により死亡したり、ケガされたとき
ご自身とご家族の補償 基本補償 人身傷害共済,搭乗者傷害共済
特約(自動セット) ●無共済車傷害特約●自損事故傷害特約
特約(オプション) ●搭乗者傷害共済の医療共済金倍額払特約●傷害危険の被共済自動車搭乗中のみ補償特約

人身傷害

自動車事故により、ご契約のお車または「他の自動車」に搭乗中や歩行中などに死亡したり、ケガされた場合、普通共済約款の損害額算定基準に基づき算出した共済金をお支払いします。お支払いの対象となる事故の範囲は、お選びいただくタイプによって異なります。

ご契約者ご本人やそのご家族の歩行中の事故でも補償します。(法人契約を除きます。)

共済金をお支払いする損害

人身傷害共済をご契約のお客様が自損事故を起された場合、お客様に生じた総損害額※4に対し人身傷害共済から、人身傷害共済のご契約金額を限度に共済金をお支払いします。

  • ※人身傷害共済から損害が補償される場合には、自損事故傷害特約から共済金をお支払いできません。

当共済組合がご契約者の過失分も含めて補償※5します。

交通事故で負ったケガなどの総損害額※4をご契約金額の範囲内で補償します。

事故で相手との過失割合が70:30。お客様の総損害額が8,000例万円だった場合。

事故相手との面倒な交渉は不要です。

示談交渉の経過や結果に関係なく、当組合がご契約者の総損害額※4に対し直接共済金をお支払いします。

ご契約者への共済金支払い、事故の相手への請求など。

総損害額の例

総損害額の例

  • ※1 ご契約者が「個人」の場合は、「傷害危険の被共済自動車搭乗中のみ補償特約」をセットすると、ご契約車搭乗中のみ補償となります。
  • ※2 他の自動車には記名被共済者、その配偶者またはその同居の親族が所有または常時使用する自動車を含まないなど一定の条件があります。
  • ※3 ケガの治療を受ける場合には健康保険などの公的制度をご利用ください。
  • ※4 総損害の認定は自動車共済約款にもとづき、当組合で行わせていただきます。
  • ※5 労働者災害補償制度から給付が受けられる場合は、その給付額を差引いてお支払いします。

搭乗者傷害

ご契約のお車に搭乗中の方(運転者を含みます)が自動車事故により、事故発生からその日を含めて180日以内に死亡したり、ケガされたり、身体に後遺障害が生じた場合に共済金をお支払いします。

搭乗者傷害

自損事故傷害特約(自動セット)

電柱などとの衝突または崖からの転落など、ご契約のお車の運転者・同乗者が死亡したり、ケガされた場合で、自賠責共済(保険)や人身傷害共済から補償が受けられない場合に共済金をお支払いします。

自損事故傷害特約
死亡共済金、後遺障害共済金、介護費用共済金、医療共済金について。

  • ※人身傷害共済をご契約の場合、ご契約のお車の人身傷害共済から総損害額に対して共済金をお支払いします。(自損事故傷害特約から重ねて共済金をお支払いすることはできません。)

無共済車傷害特約(自動セット)

相手方が不明・無共済(無保険)自動車との事故でご契約のお車の運転者・同乗者が死亡または後遺障害が生じた場合で、相手の方から十分な補償が得られないときに共済金をお支払いします。

無共済車傷害特約
  1. 死亡・後遺障害の場合のみ共済金をお支払いします。ケガのみの場合にはお支払いできません。
  2. 記名被共済者が「個人」の場合、歩行中などでの無共済(無保険)自動車事故でも共済金をお支払いします。

  • ※相手の方が負担すべき損害賠償額についてすでに人身傷害共済金が支払われている場合は、そのお支払額を差し引いてお支払いします。

お車の補償

ご契約のお車が事故で壊れてしまったとき
お車の補償 基本補償 車両共済
特約(自動セット) ●車両価額協定共済特約●車両全損時諸費用特約●二輪・原付盗難対象外特約
特約(オプション) ●事故時代車費用特約●事故・故障時代車費用特約

車両共済

衝突、接触等の偶然な事故により、ご契約のお車に損害が生じた場合に共済金をお支払いします。車両共済でお支払いの対象となる事故の範囲は次の3タイプからお選びいただけます。

一般車両 偶然な事故全般について補償します。
車対車+危険限定 「車対車衝突危険限定特約」と「車両危険限定特約」をセットし、事故の範囲を限定して補償します。ただし、自動車との衝突・接触事故の場合は、相手自動車とその運転者(または所有者)が確認できた場合に限り共済金をお支払いします。
車対車 「車対車衝突危険限定特約」をセットし、相手自動車との衝突・接触事故に限り、共済金をお支払いします。ただし、相手自動車とその運転者(または所有者)が確認できた場合に限り共済金をお支払いします。
共済金をお支払いする損害

事故時代車費用特約(オプション)

ご契約のお車が事故により使用不能となり、代替交通手段としてレンタカー等を借入れた場合に、共済金日額を限度として代車費用をお支払いします。

共済金をお支払いする対象期間は、「レンタカーのご利用開始日からその日を含めて30日」かつ「事故・故障発生日の翌日から1年以内」を限度とします。

  • ※事故時代車費用特約は、車両共済にセットする特約とし、特約のみを単独でお引受けすることはできません。また、ご契約の車両共済のお支払い対象となる事故が生じた場合に適用となります。

事故・故障時代車費用特約(オプション)

車両共済の共済金支払対象となる場合(被共済自動車が走行可能で修理しない場合を除きます。)またはロードアシスタンス特約の共済金支払対象となる場合で、被共済自動車が走行できなくなり、陸送車等で運搬されたときに、代替交通手段としてレンタカー等を借り入れた場合、共済金日額を限度として代車費用をお支払いします。

共済金をお支払いする対象期間は、「レンタカーのご利用開始日からその日を含めて30日」かつ「事故・故障発生日の翌日から1年以内」を限度とします。

  • ※この特約の付帯はロードアシスタンス特約および車両共済の契約が条件となります。

車両無過失事故に関する特則

相手自動車の衝突・接触事故(注)による車両共済金のお支払いについて、下記の「該当する条件」のいずれかを満たすときは、当組合と締結する継続後のご契約の等級および事故有期間の決定においてノーカウント事故として取扱い、事故件数によって免責金額が設定されている場合は次回事故時の免責金額の決定において事故件数に数えません。

【該当する条件】

  • ・相手自動車の「追突」、「センターラインオーバー」、「赤信号無視」または、「駐停車中のご契約のお車への衝突・接触」による事故においてご契約のお車の運転者および所有者に過失がなかったと当組合が判断した場合。
  • ・事故発生に関して、ご契約のお車の運転者および所有者に過失がなかったことが確定した場合。

  • (注)「相手自動車」および「その運転者または所有者」が確定された事故に限ります。